最新記事

人気記事

 

子どものころに「できない」「無理だ」と信じ込んだことが、今も私たちを制限している可能性があります。

 
 
 
Child

インドでは、象を飼う時に、象の足をロープで杭につなぐそうです。

象の力をもってすれば、その杭を抜いて逃げることは簡単なのですが、
象たちは杭を抜こうとしないのです。


象たちは、子像のころからその杭につながれています。そして、子像のころ何度も杭を抜こうと試みて抜けなかったので、自分にその杭を抜くことはできないと思っているのです。

大人になって杭を抜く力がついているにもかかわらず・・・

私たち人間も、子どものころに信じ込んだことに影響を受けています。

子どものころに「できない」「無理だ」と信じ込んだことが、今も私たちを制限している可能性があります。

象はなぜ逃げ出せないのか?


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
 
BACK TO TOP