最新記事

人気記事

 

フラクタル猫の衝撃は異常

 
 
 
フラクタル猫-00
海岸線や樹木の枝、岩の割れ目、雷などの形状に姿を現すフラクタル図形。同じ図形の要素が集まって、さらに大きな同じ図形になるアレなんだけど・・・

Mandelbrot-set有名なところで言えばこの「マンデルブロ集合」。ニュアンスで言えば「あーあれね」っていう感じでも口で説明するのはすごく難しいアレのことなんだけど、このフラクタルは図形にとどまらず経済学とかでも適応されていて、要するに小さい構造で起こることは大きな構造でも起こる(その逆も然り)ということ。

そんな不思議なフラクタルをの写真に適応すると

なんという威圧感。

こんな感じの画像を簡単に作れるPhotoshop のプラグインがあるらしくて、それがこれ。

Fractalius: Photoshop plug-in for eccentric graphic effects

Fractalius」っていうプラグイン。下の写真は、元の画像なんだけどなんか同じなのに、何かが違う・・・

フラクタル猫-01
う~ん。これを猫の写真にかけていくとこうなるらしい。


フラクタル猫-02
フラクタル猫-03
フラクタル猫-04
フラクタル猫-05
この辺で気づいた人もいるかもしれないけど、このニュアンスって、あのネットで有名なルイス・ウェイン(Louis Wain) の絵にそっくり。19~20世紀初頭の猫を好んで描いたイギリスの画家なんだけど、晩年の統合失調症時代の絵が凄まじ過ぎる。

第1段階
Louis Wain 01

第2段階
Louis Wain 02

第3段階
Louis Wain 03

第4段階
Louis Wain 04

第5段階
Louis Wain 05



ふぅ・・・見るだけでも体力使うよ。

これでちょっと不思議なことに気づいたんだけど、このプラグインを他の対象にかけてもここまで変なオーラでないんだよね。例えば犬。

フラクタル猫-06
そして女性。
フラクタル猫-07
これに至ってはむしろいい

なぜ猫、ネコ科にフラクタルを適応すると異常なオーラが出るのか、もしかしたらルイス・ウェインがそれを自覚して猫を選んできたのか・・・猫に惹かれる心理にはこのことが関連するのか・・・妄想は尽きませんが、もっとフラクタルを掘り下げたい人はこちらに解説があります。

フラクタルとは?

他にもフラクタル化した猫画像を上げていくので見てみて。


フラクタル猫-08
フラクタル猫-09
フラクタル猫-10
フラクタル猫-11
フラクタル猫-12
フラクタル猫-13
フラクタル猫-14
フラクタル猫-15

そして百獣の王、ライオン。
フラクタル猫-16
絶対なんかあるね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
 
BACK TO TOP