最新記事

人気記事

 

驚きのオマージュ数「キル・ビル」に秘められたタランティーノの映画愛

 
 
 
Everything-Is-A-Remix-KILL-BILL
「すべての創造物はリミックスである。」

アート作品はすべからく過去作品の影響を受けていてその連なりの結果である、ということを実証していくKirby Fergusonのドキュメンタリー・シリーズ「Everything is a Remix」。

4部作のパート2までが現在公開されているんだけど、#2の「One more thing」として制作、映画「キル・ビル」のオマージュたちをビデオ・マッシュアップした作品「Everything Is A Remix: KILL BILL」がすごくカッコイイ。



この番外編の監督はRobert Grigsby Wilson

過去10年間のTOP10作品のうち、74本がオリジナルではないと主張している「Everything is a Remix」。Webの膨大な情報量とコミュニケーション量は時として作品の神秘性を暴く事になるけれど、それは今後のアートの在り方自体に大きな変化の波が起こる前兆なのかも知れない。そんなこんなでこのテーマは非常に気になるところ。未来の創作パート3は6月ごろ、パート4は夏ごろ完成予定。是非日本語版も作って欲しいな。

【日本語訳】Everything is a Remix Part 1


【日本語訳】Everything is a Remix Part 2


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
 
BACK TO TOP