最新記事

人気記事

 

世界驚愕「これが "絵" ?!本物じゃね??」我が目を疑う3D金魚絵。テクニック解説動画も 深堀隆介

 
 
 
深堀隆介-01
(  Д ) ゚ ゚ 美しくて倒れそう・・・

日本の美術作家・深堀隆介が創りだす衝撃の絵画「金魚養画場」。枡や竹、木桶の中に高透明のエポキシ樹脂を流し込み、そこにアクリル絵の具で絵画を描いてさらに合成樹脂を流しこむと・・・

本来平面のはずの金魚が立体に見えてくる!!

どうしてこんなことが起きるのか不思議でなりませんが、この作品のすごい所はただ美しいだけではない。

小さな容器の中で生きる金魚という小さな生き物の世界に「善悪」も「美」も「グロテスク」も混在させ、それを観たわれわれの世界、そしてもっと大きなレイヤーへ綿々とつながっていく普遍的な宇宙の連なりを感じさせるような静寂な暴力を秘めている。

これまでの歴史の中で日本人が培ってきた美の宇宙、そのステージを深堀隆介またひとつ上げたんじゃないだろうか。

自分には金魚以外にない。生き物なのに人工物という妖しさ、美しさ。自分にとって金魚はもうモチーフじゃなく、言語なんです。

深堀隆介 インタビュー | Clippin JAM




彼がどのように「金魚養画場」を描いていくのか解説された映像もありました。



深堀隆介-03
深堀隆介-02
深堀隆介-03
深堀隆介-04
深堀隆介-05
深堀隆介-06
深堀隆介-07
深堀隆介-08
深堀隆介-09
深堀隆介-10
(photo: Dominic Alves)


BACK TO TOP