最新記事

人気記事

 

みなさん、疑っても結構ですから、大腿筋を追い込んでください。

 
 
 
go-first.jpg

みなさん、疑っても結構ですから、

まず今すぐ椅子から立って、
ハーフスクワットで大腿筋を追い込んでください。


ほとんどの内面的な問題、一部の社会制度上の障害すら、
筋肉が解決してくれます。

皆さんに本当に必要なのはライフハックではなく筋肉

これはホント。

自分の悩みはそんなもんじゃないと自尊心が邪魔をして「筋肉バカ」というネガティブイメージが大なり小なり出てしまっても仕方がない。その浮かんだ心象は脳自身が利己的に発想してるんだから。あなたのせいじゃない。さて、心が生まれる以前、40億年という年月をかけて作られた肉体という大規模システムに対して、人類の祖先が直立歩行を始めてわずか400万年、複雑な思考を脳が生んだのはいつから?

shinka.jpgバクテリアが生まれ、多細胞生物となり、脳が誕生し、生命維持や繁殖や情動を司る大脳辺縁系ができ、やっとこさっとこ論理的で理性的な大脳新皮質ができた。母なる海の如しカオスな心を、理性で解決するなんて、外科医が自分の体にメスを入れるようなこと僕ら素人ができるんだろうか?

そもそも心の悩みをいつも解決しているのは論理的なプロセスの結果だったっけ?

人間の判断や意思決定に関わるものは、「理性的システム」と「情動的システム」の2つらしいんだけど、その比率は圧倒的に「情動的システム」の方が高く、『購買行動』っていうみんなの大事なお金を使う重要な行為ですら、理性が1に対して情動が9倍から36倍という衝撃的な結果が。人に好意をもつ、なんてもっと心に寄り添った要素に関しては言わずもがなだね。社会制度やそれに伴う人間関係が「健康的でいい人そう」なんて相手の情動的な判断で好転していくだろうことは確かに頷けるよ。しかも、そんな脳が生まれるはるか昔から存在し、想像もできないほどの弱肉強食を生き延びてきた偉大な肉体。

論理的でない心の葛藤を論理的に解決する?なんだかバカバカしくなってきたよ。反抗期に母親にあたり散らす男子中学生のようだよ。

そう思えば「悩みなんて殴り捨てて夕日に向かって走れ」とか「校庭10周走ってこーい!」とか前時代的に思われることが、あながち間違いじゃなかったんだなぁと思う今日このごろ

小さな心を救うために、
大きな方舟のような肉体を鍛えてみるほうが、手っ取り早いね!


側坐核が働き出すと、どんどん「やる気」は出てきます。



エクササイズの話題でいまや定評となった、”スクワット”が万能な7つ(本サイトでは4つ)の理由を列挙!たったひとつのトレーニングが、ここまでたくさんのメリットを与えてくれることを改めて知れば、あなたも絶対、今日からスクワットを習慣にしたくなる!(中略)

ハムストリングや大腿四頭筋、大臀筋など、下半身の大きな筋肉を使うスクワットは、筋トレ種目の中でも、成長ホルモンをはじめとする各種ホルモン応答が最もいい筋トレ種目ということができる。(中略)

筋肉量を効率よく増やすために最適な筋トレがスクワットという種目なのだ。(中略) あまり大きくない腕や胸などの筋肉を鍛えるよりも、スクワットで下半身の大きな筋肉を一気に鍛えたほうが、当然、筋肉量を増やすには、効率的なのです(中略)

【動きの主な流れ】

●脚を肩幅程度に開いてまっすぐに立ち、つま先はまっすぐ前に向ける。

●腕を胸の前で組む。

●上体を前傾させながらお尻を引き、椅子に座るような要領で、太ももが床と水平になるくらいまでしゃがみ、立ち上がる。

●今回は10回行って、少し余力がある(追い込みすぎない)程度を基本強度とする。

スクワットがカラダに効くこれだけの理由 : ニュース | Health & Beauty Review



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
 
BACK TO TOP