最新記事

人気記事

 

海底を歩く『リアル半魚人・バジャウ族』一生を海で過ごし、身体まで適応させた「漂海民」その驚愕の人生

 
 
 
Sea-Bed-Hunting-On-One-Breath-01.jpg
スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

これが同じ人類なのか?!

海面から20メートル下の獲物を視認、海底へ降り立ち、まるで陸上のように "海中を歩き" 狩りを行なう海の遊牧民「バジャウ族 (Bajau)」の美しい姿、そして驚くべき人生

漂海民と呼ばれるこの海のジプシーたちは、陸に住まず、海の上で生まれ、海で育ち、海の上で子供を生み、海で死んでゆく

どの国にも所属せず、マレーシア / インドネシア / フィリピン などの東南アジア一帯を、小舟や高床式の小屋などで暮らすために、稀に乾燥した陸にあがれば 船酔い(Sea-sick) ならぬ「陸酔い (Land-sick)」を起こしてしまうという

Sea-Bed-Hunting-On-One-Breath-02.jpg
年間数百回にもおよぶ "狩り"、その水圧は肺の容積を1/3にまでしてしまうほどにも関わらず、最大5分間にも達する海底活動を繰り返し行なうために、彼らの多くは早い年齢で鼓膜を破壊し聴覚障害になる

Sea-Bed-Hunting-On-One-Breath-03.jpg
眼筋は深い海の底での生活によって変化し、彼らの水中視野を飛躍的に向上させた

Sea-Bed-Hunting-On-One-Breath-04.jpg
装備はゴーグルと槍とトランクスだけ。ウェイト(重り) なしで20メートルの海底を"歩く" ことだけでも驚異的で、人間にこんなことが可能なのか、同じ人間なのに、こんなにまで異なる人生があるのかと、その姿に魅了されてしまう

なんだこの未来少年コナン的な海のひと。。。

Twitter / nicorista




地球、ワクワク溢れすぎだろ

BBC/Discovery による「Human Planet

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
 
BACK TO TOP