最新記事

人気記事

 

【驚愕科学】ついに『心も夢も読み取り可能』驚きの精度で画像化に米・イェール大学が成功

 
 
 
Yale-face-recontract-01.jpg
((((;゚Д゚))))ウアアアアアアアア

凄すぎて鳥肌が止まらない

脳科学、ヤバすぎだろ・・・米・イェール大学の研究チームが、心に思い浮かべようが、夢で見ようが、脳内でイメージした "人間の顔" を驚きの精度で画像化することに成功、ニューロイメージ(Neurlomage) に発表した

「これはマインド・リーディングです」

fMRI.jpg
研究に携わったアラン・コーウェン (Alan Cowen)マーヴィン・チュン(Marvin Chun) がそう語るこの技術は、fMRI (機能的磁気共鳴画像法)によって "脳波のみ" から「心を視覚化」する

これまでの技術では「鳥」を思い浮かべた時に「鳥のようなもの」を視覚化することはできたが、それが果たして鳩なのか、カラスなのか、よくわからない下の映像のようなぼんやりとしたものだった



参考映像: 2011年にカリフォルニア大学バークレー校が発表した「心の映像化」

今回の技術は、多くの民族、多くの表情を持った「人間の顔」を6つのテーマに添って各300人分サンプリングし「髪の色は?」「肌の色は?」「どんな髭が生えている?」「鼻は丸い?」ということまで抽出することを実現

もう一度言いますが「これは頭で思い浮かべただけのものを画像化しているんです」

Yale-face-recontract-02.jpg
スマートフォンの方は、上の「解説画像」をタップすると拡大します

Yale-face-recontract-03.jpg

Yale-face-recontract-04.jpg

Yale-face-recontract-05.jpg

Yale-face-recontract-06.jpg

Yale-face-recontract-07.jpg

スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

これ、ヤバすぎだろ・・・うわあああああ

この技術は、単に「心を読み取る」だけにとどまらず、自閉症児がどのように認識を行っているのか理解しアルツハイマーや昏睡状態に陥った患者の脳内で何が起こっているかを知り、その治療に役立てたり、犯罪事件の目撃者が犯人のモンタージュを作成することを容易にすると考えられています

現在はアクティブな脳活動から抽出するために、対象が「思い浮かべる」ことをしている時にだけ画像化することができる

そのため、今後は「思い浮かべていない」「忘れ去られている」ものを抽出することが課題となるのだそうです

首の後ろにジャックインしなくても読み取れるとか「マトリックス」超えちゃってるだろ・・・

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
 
BACK TO TOP