最新記事

人気記事

 

【絵画革命】「絵を描く」とは「3次元」を指す時代へ。ペンタブレットで空間を描画する「Gravity」が開発

 
 
 
Gravity-3D-Sketching-00.jpg
Gravity-3D-Sketching-02.jpg
スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

ついにこの時が来たか

"ペンで描く" といえば "2次元" が常識でしたが、絵師、デザイナー、アニメーター、建築家、彫刻家、さらに医療の世界に、革命の瞬間が間近です

英・ロイヤル・カレッジ・オブ・アートのチームは、ペンタブレットで3次元描画を可能にする「Gravity (グラヴィティ)」を開発し、特許を取得

その昔、テレビがカラーになり、紙がモニターになり、デバイスの進化によって人々の創造物も変化してきたように。ゲームと言えばドット絵という認識が、現実と見紛うリアルな映像になったことを、僕らがいつの間にか受け入れているように

絵といえば三次元
二次元の絵はレトロ風でいい感じ

という時代がやってくるのでしょうか

Gravity-3D-Sketching-03.jpg
言われてみれば確かに、空間認識センサーや、AR (拡張現実) の目覚ましい進歩によって、既に土壌はできていました

Gravity-3D-Sketching-04.jpg
Google Glass」や、Facebookが買収した「Oculus VR」が本格的に普及した時

Gravity-3D-Sketching-05.jpg
3Dプリンターが一家に一台 (いや、『一家に◯◯』という概念ももはや消えているか) という時代に

Gravity-3D-Sketching-06.jpg
作成した三次元描画データを、3Dプリンターでプリントアウト

このデバイスは何を生み出すんだろうね

Gravity-3D-Sketching-01.jpg


GravitySketch - Sketch in 3D space using Augmented Reality

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
 
BACK TO TOP