最新記事

人気記事

 

ドイツの「銀職人が作ったスプーン」天上界のような超絶技巧に、しばし見とれる

 
 
 
Wiebke-Meurer-01.jpg

( ꒪◊꒪) コッ、コリャ━━━!!

神がディティールに宿ってる

あ、だがしかし、これではスープがすくえない・・・と思ったら、サービングスプーンだった。オランダで開催される「スコーンホーフェン・銀アワード (Schoonhoven Silver Award)」でグランプリを獲得した、ドイツの銀職人 ウィッケ・マエハー(Wiebke Meurer)の超絶技巧

スプーンって、食器の中でもなんだか妙に愛着を感じるんだけど、やっぱり生まれたばかりのばかりの時に、頻繁に使われた記憶がそうさせているんだろうか。それとも暖かいものを食べるときに使うことが多いからかな

それがこんな天上界のような装飾を帯びると、聖母のようなオーラを放ち始めてる

Wiebke-Meurer-02.jpg
Wiebke-Meurer-03.jpg
Wiebke-Meurer-04.jpg
触ってみたい

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
 
BACK TO TOP