最新記事

人気記事

 

独のオペラ歌手が「シューベルトを歌いながら」脳腫瘍の手術を受けた

 
 
 
Ambroz-Bajec-Lapajne-01.jpg
※このビデオに、血や肉は映っていません

プロのオペラ歌手が「美しい歌声」を響かせながら
脳外科手術を受ける不思議な光景


2:40 以降で彼が "電源が切れた" ようになるのは
脳の口の運動に関わる部分が刺激されたため


目覚めたまま脳の開頭手術を行う最新医療「覚醒下手術」は、手術の途中で患者を麻酔から覚まし、感覚・認知能力を確認しながら進めることで後遺障害のリスクを軽減する手法で

手術が分岐点に立たされた時に、患者本人の意志で "進めるのか" "進めないのか" を決定できるメリットもある。手足の動きや感覚、言語中枢の近くを手術する場合に行われることが多いが

Ambroz-Bajec-Lapajne-02.jpg
スロベニア出身でドイツを本拠地に活動するオペラ歌手 アンブロジュ・ベジェック・ラパジン (Ambrož Bajec-Lapajne) は、脳腫瘍の手術に際して「彼の歌声を守るため」に

シューベルトの連作歌曲集「冬の旅」から『おやすみ (Gute Nacht)』を歌いながら覚醒下手術を行った



2:40から再生


キーの変化を認識できるか確認するために、この楽曲『おやすみ』がマイナーからメジャーへ移行する「同主転調」を利用している

手術から1年以上が経過し、彼は今でもプロの歌い手として活動しているそうです

(thx! オペラ歌手・大澤 建, プロフィール)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
 
BACK TO TOP