最新記事

人気記事

 

荒廃の90年代「パンク・コミュニティ」廃墟の屋根裏から記録した、刹那で美しい写真たち

 
 
 
Ash-Thayer-01.jpg
(((( °Д°))))アアアアアアア

胸が締めつけられる

いまはもう、はるか20年以上前の1992年。19歳だったアッシュ・セイヤー(Ash Thayer) はテネシー州のメンフィスから、たったひとり一文無しでニューヨークへ向かった

深刻な不況の中で荒廃の街と化したブルックリンで、廃墟ビルを不法占拠した屋根裏が彼女の「家」となり、そこで生きる仲間が新しい家族になる

本当は美術学校へ行きたかったアッシュ。荷物の中にあったカメラを何の気なしに取り出し、日記のように自分と仲間たちを記録していった

Ash-Thayer-02.jpg

Ash-Thayer-03.jpg
Ash-Thayer-04.jpg
Ash-Thayer-07.jpg

Ash-Thayer-08.jpg
Ash-Thayer-09.jpg
Ash-Thayer-10.jpg
Ash-Thayer-11.jpg
Ash-Thayer-12.jpg
Ash-Thayer-13.jpg
Ash-Thayer-14.jpg
Ash-Thayer-15.jpg
Ash-Thayer-16.jpg
Ash-Thayer-17.jpg
Ash-Thayer-18.jpg
Ash-Thayer-19.jpg
Ash-Thayer-20.jpg
Ash-Thayer-21.jpg
Ash-Thayer-21a.jpg
Ash-Thayer-21b.jpg
Ash-Thayer-22.jpg

Ash-Thayer-23.jpg
Ash-Thayer-24.jpg
Ash-Thayer-25.jpg
Ash-Thayer-26.jpg

Ash-Thayer-27.jpg

うわっ、そうか・・・

絶望や死に抗う"妊娠" って最高に「パンク」だな

アッシュ・セイヤー(Ash Thayer)の作品「Kill City

遠い海の向こうの僕らにとっては、映画「マイ・プライベート・アイダホ」や漫画「BANANA FISH」や、グランジ・ファッションのなかのフィクションだったけど

確かに "そこにあった" 現実が、 まるでその場にいるかのように躍動している。あの時まさか「自分たちの人生」が、長い不況に入っていくとは想像もしなかったな

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
 
BACK TO TOP